コーヒーが好きなら資格を取ろう|専門家になって好きなことを仕事に

文房具

仕事につなげる

男女

料理の専門学校は、料理の基礎的な知識を学べるのがメリットです。料金関連の仕事に就きたいという人も必要な技術を学べます。就職先と連携していることが多いので、事前にどこのお店と連携しているかを調べておきましょう。

プロに学ぶことが出来ます

男女

本場のパリで留学が出来るパティシエの専門学校があります。社会人の方などもたくさん学ばれていて、独立して開業することも可能です。プロの講師陣に必要となるスキルを丁寧に指導してもらえるので、パティシエになる夢を叶えることが出来るでしょう。

アドバイザーになれる

コーヒー

履歴に書くことできますが

コーヒー関連の職に就きたいと考えるのであれば、コーヒーアドバイザーという資格を取得するのも良い方法といえます。しかし、その資格を取ったからといってコーヒーの専門家になれるわけではなく、必ず職につくことができるというわけでもありません。あくまで趣味として取得できる範囲のものでして、履歴書に書くことはできるとしてもそれなりの経験をするほうが良いといわれています。経験というのはコーヒーチェーン店でアルバイトをするか、コーヒーの勉強をするために専門学校に通っていたかなど、資格を取りながら経験をつむことのほうが、アピールがしやすくなりますし、コーヒーに対する情熱も伝わるかもしれません。個人でカフェを経営する人も多く取得されている資格です。

自宅で答える試験

関連の職につきたいという人だけでなく、個人でカフェを経営する人や、コーヒーについての講師になろうとする人にもコーヒーに関する資格を取得する人が多くいます。この資格は基本的な知識を持っているかどうかを証明する資格といえまして、注ぎ方や抽出の仕方、豆の産地や種類の違い、焙煎方法など専門的な知識を持つことで取得できるものなのです。試験を受けるスタイルは実は在宅受験です。自宅で試験を受け、答えを送る方法となっています。答えを送るための期間というものが設けられていますが、問題をじっくりと考えて解くには十分な期間であることが多いです。実技もないので知識を十分に持っていれば取得できる資格となっています。

基礎的な技術が学べる

パン

パン作りを学ぶのならば専門学校に行くことがより効果的でしょう。選ぶときは実践的な授業やインターン制度などといった専門的な学びが行なえるかどうかという点に着目するとよいでしょう。学校に通うと、就職を斡旋してくれたり雇われやすくなったりするという大きな利点があります。