コーヒーが好きなら資格を取ろう|専門家になって好きなことを仕事に

女性
  1. ホーム
  2. 基礎的な技術が学べる

基礎的な技術が学べる

パン

実践的な授業を重視して

パン職人として働きたいという場合、専門学校に行くという方法とパン屋に就職するという方法があります。専門学校に行くという方法は、体系的に知識を学ぶことができ、パン作りの基礎から学ぶことができるという特徴があります。ただ、いわゆる普通のパン作りしか学べない、自分の独自性が出しにくい、実践的な力が身につきにくいなどの特徴もあります。直接就職する方法は、実践的経験がつめますが、実際に作れるようになるのはかなり先になるため、非常に時間がかかります。そのため、学校に行く方が結果的に早いことが多いです。デメリットをカバーするには、より実践的な授業がある学校を選ぶとよいでしょう。インターン制度がある学校や、独自性を磨く授業があるところを選ぶのもおすすめです。

就職しやすいため人気

パン職人として働くには、専門学校に行っておくという方法に人気があります。知識、技術をきちんと学べるのも大きなメリットですが、就職しやすいという点もメリットです。憧れの店のパン作りを学びたいと思うのならば直接弟子入りする方が早いと思うかもしれませんが、経験も技術もない素人を雇う余裕があるパン屋は多くありません。弟子入りできても、最初は販売や雑用がメインです。そのため、実際に作れるようになるにはかなり時間がかかります。一方、学校に行ってから就職しようとすれば、憧れのパン屋への就職を学校が斡旋してくれる可能性も高くなります。自分で弟子入り志願するときでも、雇ってくれる確率やパン作りを手伝える確率が高くなります。回り道に見えても、結果的に早道なので人気なのです。